美白の化粧水の選び方

化粧水に含まれている美白の成分は、肌を潤しながら日焼けした肌のシミ・ソバカスが増えてしまった肌の透明感や明るさの減少を予防するのが主な役割になります。

化粧水の美白情報を利用しましょう。

特に選ぶポイントは、必ず美白成分の配合されている化粧水を選ぶことです。



代表的な美白成分には、ビタミンC誘導体は水との相性も良く、不安定なビタミンCを肌に吸収しやすいものに変えて、肌にハリを与えたり、皮脂の分泌を抑制してアンチエイジングやニキビの対策にも効果的です。カモミラETは化粧品会社が独自に開発した成分で、カモミールから抽出され早い段階でメラニンを抑制する働きをしてくれます。



トラネキサム酸には抗炎症作用・メラニンの抑制効果があります。


それ以外にもコケモモや梨から抽出されたアルブチンは、シミの大元のチロシナ―ゼに直接働きかけることができ、メラニン色素を除去し、生成を防いでくれます。いちご由来の抗酸化作用のあるエグラ酸もチロシナーゼに働きかけることが出来、透明感を引き出す効果もあり、比較的刺激も少ない物質です。
それ以外にもルシノール・コウジ酸・プランセタエキスなどが、国から認可を受けている成分です。
まずは何を美白をしたいか、よっても化粧水が変わってきますので、自分はシミ・くすみ・ニキビ跡など何で悩んでいるのかを、しっかり理解して選ぶことをお勧めします。

そして悩んだ場合には、薬用化粧品・医薬部外品のものから選んでみると失敗が少なくて済みます。