効果の実感できる美白化粧水の選び方 - 化粧水で美白ケアをする時に覚えておきたいポイント

効果の実感できる美白化粧水の選び方

美白化粧水を探す時に口コミや美容部員のおすすめは基準になりますが、肌質は人によって異なりますので、そのおすすめ化粧水が全ての人に当てはまるというわけではありません。

効果を実感するための選び方には2つのポイントがあり、それは「国が認めた美白成分を選ぶこと」と「何をケアしたいのかを考える」ということです。それらを基準に選ぶとまず間違いはないでしょう。

国が認めた美白成分とは厚生労働省が認可した成分で、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸やエラグ酸、ルシノール、リノール酸があります。その他にもカモミラETやトラネキサム酸、4MSKやマグノリグナン、プラセンタエキスも認可されている成分です。

化粧水の美白の専門サイトのココです。

おすすめなのはビタミンC誘導体で、水溶性で水に溶けやすいので化粧水に配合されると効率良く肌に届けることができます。



またシミやくすみ、ニキビ跡など、何をケアしたいのかによって選ぶべき美白化粧水は変わってきます。


例えば、シミやメラニンによるくすみはメラニン色素が深く関わっていますので、メラニン生成を抑える働きを持つ成分を使うと良いです。



ニキビ跡の赤みは肌のターンオーバーを促進する成分が有効ということになります。これまで紫外線を浴びてきた人は、今現在は目立たなくても、今後シミが肌の表面に浮き出てくる可能性が大いにあります。化粧水の効果ではシミを消すことは難しくても予防することは可能なので、心配な場合は早めに使い始めることをおすすめします。
配合成分だけでなく、浸透力にも注目して選びましょう。