化粧水で美白ケアをする時に覚えておきたいポイント

化粧水で美白ケアをする時に覚えておきたいポイント

category01

化粧水にはニキビケアに向いているものや、保湿ケアに特化したものなど多くの種類があります。

化粧水の美白サポートと断言できます。

ですので美白ケアをしたいと思ったら、美白成分が多く配合されてものを選ぶことが大切です。これに加えて、どのような成分がメインなのかをチェックすることも重要です。
美白成分には大きく分けるとシミやソバカスなどができないように働くものと、肌にできてしまったシミなどを薄くする作用があるものに分けることができます。


ですので、自分の希望するケアにあわせて、配合されている美白成分を選ぶことがポイントになってきます。

肌の黒ずみができないように美白化粧水を使う場合は、アルブチンやトラネキサム酸がおすすめです。
アルブチンはメラニン色素の生成に関わるチロシナーゼの働きを阻害していきます。一方のトラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑えてメラニン色素の生成を予防します。
この2つの成分を10代20代と早い段階で使用することで、将来シミができるのを抑えることが期待できます。



目元や口元の皮膚は、ほかの部分と比較して薄いという特徴があります。

そのため少しの刺激も大きく感じやすく、その結果、シミなどの黒ずみができやすい箇所です。



これをケアするには、肌の新陳代謝を高める効果があるビタミンC誘導体やプラセンタがおすすめです。

中でもビタミンC誘導体は水分だけではなく、油分との相性も良くなっています。これにより化粧水だけではなく、クリームや乳液にも配合しやすいので、ライン使いでシミケアを行えます。

難しくない化粧水

category02

肌に潤いを与えることに特化している化粧水は、その一方で肌悩みに対して働きかけると言う特徴も持っています。これはこれが洗顔後、最初に肌につけるものであるためです。...

subpage

ためになる化粧水

category02

ドラッグストアやコンビニには、数多くの美白化粧水が売られていますが、どれを使ったら良いのか悩むという人が少なくありません。そんな時は成分表をチェックして、配合されている美白成分の働きを考慮して選ぶのがおすすめです。...

subpage

化粧水についての考察

category03

化粧水に含まれている美白の成分は、肌を潤しながら日焼けした肌のシミ・ソバカスが増えてしまった肌の透明感や明るさの減少を予防するのが主な役割になります。特に選ぶポイントは、必ず美白成分の配合されている化粧水を選ぶことです。...

subpage

化粧水を身に付けよう

category04

美白化粧水を探す時に口コミや美容部員のおすすめは基準になりますが、肌質は人によって異なりますので、そのおすすめ化粧水が全ての人に当てはまるというわけではありません。効果を実感するための選び方には2つのポイントがあり、それは「国が認めた美白成分を選ぶこと」と「何をケアしたいのかを考える」ということです。...

subpage