美白化粧水は配合成分を考慮して選ぼう

ドラッグストアやコンビニには、数多くの美白化粧水が売られていますが、どれを使ったら良いのか悩むという人が少なくありません。
そんな時は成分表をチェックして、配合されている美白成分の働きを考慮して選ぶのがおすすめです。

美白化粧水によく利用されている成分の1つに、アルブチンがあります。


アルブチンはメラニン色素の生成に繋がるチロシナーゼの働きを抑える働きがあります。

これによりメラニン色素が増えるのを抑えられるので、シミ予防として使用するのがおすすめです。

アルブチンにはαとβの二種類がありますが、そのうちαアルブチンのほうが美白効果が高いので、そちらを選ぶようにしてみましょう。

化粧水の美白情報選びをサポートします。

トラネキサム酸も、シミ予防に優れている成分です。



トラネキサム酸は、プロスタグランジンの活動を抑えてメラニン色素の生成を防ぎます。

さらに抗酸化作用も併せ持っているので、炎症による肌の赤みを抑えるのにも有効です。

肌のくすみやシミ、ソバカスやニキビ跡を薄くしたいという人は、メラニン色素の還元効果があるビタミンC誘導体の化粧水がおすすめです。


ビタミンC誘導体は、ビタミンCが肌に浸透しやすいように改良されたものです。

これにはメラニン色素の還元効果と同時に、生成も抑える働きもあるので、オールマイティーに美白ケアできるのが魅力です。



ただし皮脂を抑える働きもあり、使用後はさっぱりかんが強くなるので、乾燥肌や敏感肌の人は注意して利用するようにしましょう。